ヨリ道〜尖石・蓼科温泉〜2021年07月28日


搬入前に尖石縄文考古館へ 「仮面の女神」

「縄文のビーナス」
各地の企画展などで巡回していることも多いみたいですが、今は2体とも里帰りしていた
一帯の遺跡は、いにしえの縄文人が暮らし繁栄した良い土地だったことがいまでも感じられる心地の良い場所でした

中日の夜に蓼科温泉へ、いいお湯いただきました
茅野市街から30分ほどで蓼科温泉に行けます

蓼科湖畔でモーニング、気持ち良くてこの後の2日目の出展を忘れそうになった



〜おまけグルメ〜
茅野のソウルフードラーメン店 「テンホウ」 うまかった。茅野に来たらまた必ず行きます。

蓼科産そば粉、十割どうつきそば、美味。
石臼を使わずにそばの実を杵で突いて作るおそばだそうです。


ヨリ道〜鳥海山〜2021年07月04日


昨夜は道の駅東由利で作家さんとお疲れ会

鳥海山ろく線矢島駅。ここは小さな城下町だった

観光案内所の着物のおばさまが散策路を丁寧に教えてくださった

矢島の酒蔵、天寿酒造。自分で飲もうかと思ったが、ちょうどお礼があったので良いお土産になった

猿倉温泉、鳥海山を眺めながらの温泉は最高。道中のドライブも気持ちよか〜

毎回当日までほぼノープランだが、横手からの帰路はどこにヨリ道しても間違いない

城めぐり〜名古屋城〜2020年11月11日


天守閣 老朽化、耐震性の問題のため閉城中、、、

再建された本丸御殿

本丸御殿は確かにすばらしいのだが
新築すぎて重みや威厳が感じられないな〜
こんなこと言ったら怒られますね
自分の想像力が乏しいのでしょう

清正石 でかいです
ほんとうは長政が設置したらしい

ひっそりたたずむ東二之門
当時の部材に趣があるさすが重文


名古屋城は20年前に旅の途中に近くまで見にきたことはあったのだけど、中に入ったのは初めてだった
さすが徳川御三家のお城というだけのことはある
そして、そのスケールの大きさゆえひとつ失態をしてしまった
天守閣の裏手にある「御深井丸エリア」に気がつかず見逃してしまった
そのエリアにつながる不名門は大奥につながる門で開かずの門といわれていたそうだ
しかも現在はトイレの裏手で見えない、、、どうりで入り口に気がつかなかったわけだ
雰囲気のよさそうなエリアだったので残念
そんな失態がありつつも、宿からお城が近く、散歩気分で行け久しぶりの城めぐりを堪能できました

ヨリ道〜戸沢村・鶴岡〜2020年09月28日

「ヨリ道」を書くのもなんだか久しぶり、、、
今回は横手からの帰り道、三条の知り合いに会いにゆくミッションがあったので山形の最上川を下るように日本海へ進むコースを選んだ


最上川の夜明け


異国(百済)情緒のある「道の駅とざわ」
千と千尋に出てくる廃墟になったテーマパークっぽい不思議な場所


樹齢1000年を超える杉が群生する「幻想の森」
道の駅といい、この森といい異次元にトリップしたかのよう


くらげの水族館


湯田川温泉
商店のおじさんに申し込んで開錠してもらう200円の共同風呂
無色透明のいい湯いただきました
しかし開湯千三百年って平安時代、、、すごいな〜


鶴岡御膳
「大松庵」とても雰囲気がよい。太切りのそばも◎


日本海

この日は日本海を横目に気持ち良く海岸線のルート走ってゆくのだが
どうも落ち着かない
以前もそんな感覚をおぼえたことがある
海無し県で育ったせいだろうか、幼少期の何かのトラウマだろうか
この日の穏やかな海でさえ、何も抵抗できず奥深くに吸い込まれてしまうような感覚に襲われてしまう
ハンドルを右に切ったら崖から海、そんな道の地形のせいもあるかもしれない
途中から耐えられず、遠回りになるが山コースに変更した

そんなこんなで三条へたどり着き
その日はおいしい料理と久々の再会で飲み過ぎてしまった

久しぶりのクラフトフェア、そしてヨリ道
楽しい旅になった



旅支度〜自炊具編〜2020年09月13日



いつもならば出展先の夕食は地元のお店を訪ねて楽しむのだが
今回はよそ者はあまりうろうろしないほうが良さそうなので会場の駐車場をベースキャンプにして自炊をすることにした

ということで、20年近く押し入れで眠っていたアウトドア道具をひっぱり出してみた
第一次アウトドアブームの真っ只中だった世代なので、まあいろいろある
そこから使えそうなものをピックアップ
星座盤も出てきたので秋田の夜空をながめてみようかと思う

旅支度〜車アームレスト移植・後編〜2020年08月31日



アームレストの移植が無事に終わった
樹脂を削ったりパテを盛ったりそのあたりは想定内だったけれど
元々の取付軸の角度が垂直から3度傾いた設計になっていたことと、クッション状で穴開けの角度がしっかり固定できないことが作業を困難にさせた
手の感覚と完璧を求めないことでなんとか納得できるところまで仕上がった
9月の秋田への長距離遠征で威力を発揮してもらおう

旅支度車編ではもうひとつのプロジェクトの準備が進んでいるこれも秋田遠征に間に合わせたい

さかど2020年08月30日



知り合いの作家さんの展示を見るために
坂戸のギャラリーうつわ坂」
とても雰囲気の良いところでした

埼玉県でもまだまだ訪れたことのない街はたくさんあり
ここ坂戸駅も初めて訪れました
暑くなければもっと散策したかったけれど、今日も残暑が厳しいので控えめにし
帰り道に川越で寄り道してやきとんをアテにビールで喉をいやすことにした

3人展は〜9/6まで開催していますのでお立ち寄りください。駐車場もあります
<< 2021/07 >>
01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ホームページ

http://www.tateto.jp

このブログについて

工房タテトの日々の雑記。でもそんなに毎日書く事はないのです。

RSS